保育理念

     

    【子どもと保護者の最善の利益を守り、子どもの人格を尊重し、慈しみ、心身ともに健やかに育てる。】

  • 異なる感性や個性を持った子どもたちを一人の人間として尊び、心身ともに健やかに育つことのでき る環境が等しく確保される事で、家庭にいるような安定した生活を送れる保育を行います。
  • ありのままの自分でいることを認められ、受け入れ、それを愛し共感することで、子どもが幸せと感じることができる自己肯定感を育み、 健やかに育つための保育を行います。
  • 喜怒哀楽、怖い、悔しい等のその時々の様々な感情を素直に表現し、保育者が共感することで基本的 信頼感が生まれる事が「子どもの最善の利益」に繋がると考えます。
  • 地域と密接な連携に努めると共に、家庭との連携を密にし、園と家庭との理解と協調を目指します。

保育方針

  • 深い愛情と守りを受け、保育者とのかかわりの中で愛着や信頼関係を培う。
  • 一人ひとりの心に寄り添い、様々な経験を通して生きる力、心身の健全な発達と自立を促す
  • 個性を尊重し長所を伸ばし、豊かな感性を培い人間形成の基礎を養う。
  • 子育て家庭への支援を行い、保護者と連携をし共に育て、子どもの成長や子育ての喜びを共有してい く。

保育目標

  • 意欲的に遊び、心身ともに元気で丈夫な子ども。
  • 友達と仲よく楽しく遊び、相手の気持ちを思いやれるやさしい子ども。
  • 感じたことや思いを、のびのびと表現できる子ども。
  • よく聴き、よく考えて、自分で行動できる子ども。
  • 自分の事は、自分で出来る子ども。
  • したい事、言いたいことを言葉や行動で表現できる子ども。